ガンにまつわる意外なこと

ガンは怖い病気です。なりたい人なんていません。年齢が上がれば上がるほどガンが怖くなってきます。テレビを見ていてもそうですし、自分の周りでも歳をとってくるとガンになる人が増えてきます。そのため、歳をとるほどガンになって死んでしまうというイメージがありますが、実はそんなことはないのです。

東京都老人医療センターの調査でそれが明らかになっています。それによりますと、ガンで死亡するのは男性で65~69歳、女性で50~54歳がピークになっていて、それ以降はだんだん減っていくそうです。ガンではなく、肺炎や心臓病、脳卒中などによって亡くなることが多いそうです。

いかがでしたか?意外だったのではないでしょうか?私も正直驚きました。高齢になるほどガンで命を落とすということがないなんて知りませんでした。そうなると、高齢になってからは過度にガンを怖れる必要はないということです。そこで大事になってくるのが生活習慣です。病気にならないための基本ですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です