月別アーカイブ: 2016年3月

民新党ってどうなんだろうか

いったいぜんたいどーなってんだ?
野党のこの不甲斐なさは。
政党が合体するのは、まー正直言って

「はいはい、やりたきゃやれば」って感じで
そもそも、まったく支持率のない民主党が
どことくっつこうが離れようが、全然興味はない。

ないけど、それにしたって、合体するにあたって
一番の重要課題が党名だなんて。しかも、
そいつを、一般公募ってさ。
党名っていうのは、その政党の理念やアイデンティティーを表すものなんじゃないのか?

それを、受け狙いとと話題づくりで一般公募とは。
で、決めたら決めたで早速内輪もめ。
おいおい、お前らほんとに大丈夫なのか?

奇跡のタイミングで政権を一時担って、で、あっという間に
また野に下った。その間に彼らは一体何を学んだんだろう?
確かに、その間に東日本大震災があって、いろんな意味で

てんやわんやしていたことは事実だけど、でも、そいつを言い訳にしちゃいけないし
学ぶことはたくさんあったはずなのに。
民主党の中には、それなりに優秀な人もいて
ちゃんとベクトルを決めてやっていけば、またチャンスだって

あるかもしれないのに。
今回の一件で、
「あー、やっぱりただの寄せ集めだったんだな」と
改めて思い知ることになっちまった。

貴族の豪華な生活、憧れます。でも、現実は

貴族の海外ドラマダウントンアビーを鑑賞中です。

ドラマは日本用に吹き替えになっています。

貴族の豪華な生活を見ると、違う日常を送っている私は憧れます。

ドラマ中、華やかなドレスに身を包んで、仲間と一緒にシャンパンを飲む姿が映りました。

シャンパンにドレスは完全にお嬢さんの象徴ですね。

シャンデリアとかブランドのバッグとか時計とかもそうですね。

ルイ・ヴィトンだったら、必死にお小遣いを貯めれば、1年で1個買えちゃいます。

でも、私は持たない主義です。

1回見栄を張ってしまうと、お金に余裕がある人って思われるのではと思っていて、そのイメージを崩さないためにまた高級な買い物をしてしまいそうだからです。

それでは生活が苦しくなってしまうので、最初っから見栄を張りません。

普段はごく一般的な生活を送っています。

お酒や清涼飲料水を一切飲まずに、コーヒー、紅茶、お茶を自宅で飲みます。

少し高級感を出すために、クラシック音楽を聴いたり、ダウントンアビーのような海外ドラマを見たりします。

そのときに、照明を落とすとさらにgood。

家の構造がダメでいろいろなことがあるんです。

親の排泄とうめき声を聞きながら、こういう場合は相手を立てた方がいいのだろうなと思います

この部屋の建築構造が、自室の目の前にトイレがあるわけですが、頻繁に父母が用を足していくので、臭うといえば臭います。

そんな事ばかりなので、「臭いです」とはっきり言いたいのですが、それも賢い選択ではないなと思いました。

本人たちも好きで、用を足しているわけではなくて、単純に括約筋が緩んでそうなっているのと、一応何もしなくてもお腹は空くので食べていると、腸は動いているので、排泄物は出るわけですから、それは当然だとは思いますが、せめて換気扇回すだとかしてほしいとは思います。

本当に悪臭がどんどん入ってくる始末。さらにうめき声。

まあ、年寄りはそうなる、自分も後20年後にはそうなっているのですし、仕方のない話ではあります。

色々恩を感じている親に、いうとしたら、褒めてあげた方がいいですね。

人は褒められた方が嬉しいものですから、こういう時はしっかり親を立てて、それから褒めちぎった方が人生は賢いといえると思っています。

その人を見るという事も、結構大事だと思っています。

その人が何を言いたいのか、悟って、良い事を言ってあげると、角も余り立たないし、問題はないわけです。

なぜか、いきなり不機嫌になっている人もいるにはいますけどね。

あんまりカリカリしない事が自分にとっても大事だとはいえるでしょうね。

出来るときに老後の為の断捨離

先月から夏までの計画で、自分の物を断捨離しています。

なぜ今始めたかというと大きく2つの理由があります。

一つ目は隣の市の燃えるゴミが有料化されいずれは私の市も有料になると思い、その前にいらない物は捨てようと思った事。

二つ目は高齢の親がいる実家の断捨離をやり、いつかやるなら元気な今自分の物だけでも整理しようと思ったのがきかっけです。

老後になると全てが大事に見えるらしくなかなか捨てられないようなので、40代の今なら思い切ってできます。

始めてみると結構いらない物が沢山でてきました。

まずは洋服や靴など流行もあるし、冠婚葬祭の服など以外のスーツはほとんど着なくなりましたのでリサイクルに出す箱へ。

靴もヒールが高い靴はもう危なくて履かないので捨てる箱へ。

年齢と共に洋服などの好みもかなり変わってきたと感じました。

洋服だけでもかなり捨てたりリサイクルに出すものがあり、収納やタンスも整理でき自己満足で進んでいます。

いずれ自分も高齢になり子供にやってもらう手間も省けるし、自分の物なので納得して捨てれます。

今からやる老後の為の断捨離おすすめです。

ストップモーションアニメに関する呟き

土曜日の朝に放送されている『羊のショーン』を、私は毎週欠かさず見ています。

キャラクターが可愛らしくて魅入ってしまう、というのもあるのですが、もう一つ、ストップモーションアニメが好きだから、という訳があります。

youtubeで素人でも気軽に動画の投稿ができる現在の世の中で、ストップモーションアニメを知らないという人は殆どいないと思われます。

手を振ったり足を動かしたり、キャラクターの動作の一コマ一コマが一枚の写真によって表されているその世界はとても手間が掛かっており、それでいて

ちっとも不自然らしさがなく、まるでキャラクター達が自分の手足を自分の意志で動かしているように見えて、高い技術力を感じられます。

かく言う私も一度だけ超短編もののストップモーションアニメを撮った事があるのですが、使用した人形の手足の動かし方や固定する角度に始まり、

普段自分達が当たり前のようにこなしている””歩く””、””走る””、””しゃがむ””等といった動作を表現する上での苦労と大変さを痛感しました。

そんなエピソードもあって、ストップモーションアニメには人一倍魅力を感じています。